日本で評判のいい日本ハウズイングにマンション管理を委託!

賃貸経営は物件探しが大切

模型と電卓

常に入居者の見込める物件

マンション経営は不動産投資では最も安定した方法です。これからマンション経営を始める場合、2つの方法があります。1つ目は土地を所有しており、土地活用としてマンション経営をする場合です。もう1つは既存のマンションを購入する場合です。既存の場合は新築と中古の物件があります。既存のマンションを購入する場合のポイントは、収益物件を探すことです。収益物件というのは総家賃収入から、購入のためのローン返済費用などを差し引いた時に得られる収益が大きくなる物件です。例えば大阪のような大都会では、交通アクセスが良い場所に建っているマンションが収益物件になります。ただし大阪のような大都市は地価が高いので、交通アクセスの良い場所は購入費が高くなります。ローンの返済も多くなるので、結果的に収益率が下がることになります。そのため大阪のような場所で収益物件を探す場合、交通アクセスが良くて地価の安いエリアを選択することになります。大阪の場合は環状線の内側は地価が高いので、外側のエリアを中心に探します。例えば大阪の中心部から30分離れたベッドタウンなら、収益物件を探しやすくなります。また交通アクセスに難がある場所でも、周辺に大学や病院や企業などがあれば、入居者を見込めるので収益物件になります。マンション経営で収益物件の確保が重要なのは、入居者を常に確保できるからです。それによって安定した家賃収入を末永く維持することができるのです。